海外FXの税金は国内FXと違う?

海外FXの税金は国内FXと違うことに注意しましょう!

国内FXの税金が優遇された形になっている、海外FXの税金は普通という様な違いがあるのです。

国内FXの場合は申告分離課税。海外FXは総合課税なのです。

ちなみに海外FXという海外のサービスを利用していても、日本に住んでいる方は、税金は日本に納めなければならないのです。海外に住んで、海外FXをしているのであれば、日本の税金を納める必要はありません。

海外FXの総合課税とは何?

所得の金額に応じて、税率が決まっている累進課税制度による課税方法のことを言います。

儲ける額つまり所得額が大きくなると、税率がそれにつれて上がっていくのが総合課税です。

課税所得金額 税率 控除額
195万円以下 15% 0円
195万円超~330万円以下 20% 97,500円
330万円超~695万円以下 30% 427,500円
695万円超~900万円以下 33% 636,000円
900万円超~1,800万円以下 43% 1,536,000円
1,800万円超~ 50% 2,796,000円

税金の計算方法は以下の様になります。

税金 = 課税所得金額 × 税率 - 控除額

海外FXだけで年間200万円の利益がある方の場合は

200万円 × 20% - 97,500円 = 302,500円

海外FXだけで年間500万円の利益がある方の場合は

500万円 × 30% - 427,500円 = 1,072,500円

ということになります。海外FXは儲ければ儲かるほど、税率が上がる仕組みになっています。

国内FXの場合は申告分離課税とは何?

申告分離課税の税率は、一律 20% + 復興特別所得税 0.315%

です。

利益に対して、20.315%を掛けるだけです。

国内FXだけで年間200万円の利益がある方の場合は

200万円 × 20.315% = 406,300円

国内FXだけで年間500万円の利益がある方の場合は

500万円 × 20.315% = 1,015,750円

という計算になります。

税金だけを見ると、海外FXよりも国内FXの方が税額が優遇されています。

海外FXで税金を払わなければいけない人は?

海外FXの総合課税の場合、すべての人が税金を支払わなければならないわけではありません。一定の条件にならないと支払う義務はありません。

海外FXの税金を支払わなければならない方は、

給料所得のある方で、海外FXの収入「雑所得」が20万円を超えない人
給料所得のない方で、海外FXの収入「雑所得」が38万円を超えない人

そもそも、海外FXで利益が出ていない人は、税金を支払う必要はありません。

痩せるために必要なのは、筋トレです。

最近、「縄跳びダイエット」「ウォーキングダイエット」などが流行しています。しかし、「効率よく体重を落としたい。」「短期間でダイエット効果を実感したい!」という方もいると思います。そんな方におすすめしたいのが、筋トレです。もし、貴方が本気で痩せるつもりなのであれば、筋トレはした方が良いです。今回は効果的な筋トレメニュー、ストレッチ、痩せるために必要なノウハウをご紹介します。

有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)の違いについて

そもそも有酸素運動と無酸素運動にはどのような違いがあるのでしょうか?よく勘違いされやすいのが「有酸素運動は酸素を吸って、無酸素運動は息しないで取り組むトレーニング」ということ。これは間違いです。正しくは、

有酸素運動:酸素を使って糖質や脂肪をエネルギーに変えて行うトレーニング
無酸素運動:短い時間で糖質を消費して行われるトレーニング

です。つまり有酸素運動は「ゆったりとした運動を長く取り組む」のに対し、無酸素運動は「負荷の高い運動を短期間で行う」ということです。ウォーキングやジョギング、階段昇降などは有酸素運動で、筋トレは無酸素運動に含まれます。一見、脂肪をエネルギーとして使う有酸素運動の方が効率よく見えますが、無酸素運動には有酸素運動にはないメリットが沢さんあります。

無酸素運動(筋トレ)のメリットとは?

無酸素運動と有酸素運動の違いについて解説したところで、ここでは無酸素運動(筋トレ)のメリットについてご紹介します。

メリット① 基礎代謝を上げる

痩せるために必要な数値は、『基礎代謝』です。基礎代謝とは、人間が普段の生活を行っていく上で自然と消費するエネルギー量のことを指します。この基礎代謝のおよそ40%は筋肉の運動・回復などに使われていると言われています。つまり、筋肉を付ければつけるほど普段の生活でも筋肉に使うエネルギーは増えます。そして、自然に基礎代謝が上がります。ストレッチやお風呂など、基礎代謝を上げる方法は色々ありますが、筋トレほど大きな違いを実感するのはできにくいでしょう。痩せるためには基礎代謝を上げる、基礎代謝を上げるためには筋トレが近道です。

メリット② 良い体になる

今や筋肉はファッションアイテムとして男性のステータスになっています。脂肪でたるみきったお腹では、好きな人へのアプローチもままならないですし、女性と海やプールにも行きにくいかもしれません。しかし、りりしい大胸筋やシックスパックを手に入れれば自然と自信が付きます。筋肉がもたらす体への変化は、メリットがあります。

メリット③ 有酸素運動の効率がUP

筋トレと有酸素運動を並行して取り組むことは重要です。

もし有酸素運動でなかなか体重が減らないという男性は、まずは筋トレで痩せる体を作ってから挑戦してみてはいかがでしょうか。

メリット④ メンタルが強くなる

痩せるための筋トレや有酸素運動は最初はものすごく辛いことだと思います。やり方が分からず、結果もなかなか現れなくてやめてしまう男性も多いと思います。しかし、心は体と同じです。だらけきった体の持ち主は、だらけきった精神の持ち主でもあります。まずは体へ鞭を打ち、心を鍛えていきましょう。メンタルが強くなった時、体にも変化が現れてくるはずです。辛い時期を乗り越えて、明るいライフスタイルを手に入れましょう。

筋トレサプリも併用すると、さらに効率的に筋肉を付けることができるでしょう。

ビットコインに投資するのは今からでも良い?

ビットコインに投資する際、まだ上がるの?って不安になりますよね。

でも、ご安心ください。

まだ値上がり条件が揃ってないけど、これから条件が整ってきそうな、将来性のある仮想通貨はまだまだあります。

時価総額ランキングをみると、ビットコインが飛びぬけて時価総額が高く、2位のイーサリアムにおいでもビットコインの半分以下です。これを見ると後発である仮想通貨(=アルトコイン)はこれから認知されていくと思われます。

中でも、オススメなのが、現在世界ランク8位の「NEM」です。現在の時価総額は1800億円で、これがビットコインと同じ時価総額まで値上がりすれば、70倍以上になります。

NEMは、今後、ブロックチェーン普及の主役となる通貨になるかもしれません。

※仮想通貨投資には、多くのリスクが伴います。まずは正しい知識を身に付けましょう。

仮想通貨取引の手順

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 取引所に日本円を入金
  3. 仮想通貨を購入する

仮想通貨投資を始める流れは上記になります。

仮想通貨を取り扱っているところを販売所、取引所と呼びます。

株でいうところの証券会社のようなものです。ここで口座を開設し、日本円を入金したら仮想通貨を購入できるようになります。

取引所の選び方

取引所は手数料で選ぶ方も多いと思いますが、まず分散投資ができるかどうかが重要です。その中でも、日本一取扱銘柄が多いのが「コインチェック」という販売所です。

コインチェックは時価総額上位10銘柄のほとんどを取り扱っているので、かなり資産を分散のしやすい取引所であると言えます。また、今後将来性のある通貨とそうではない通貨の格差が大きくなっていくと思われます。

より実用性の高い通貨は、これからICOをされていくでしょう。中でも、サニーコイン仮想通貨は、将来性がありそうです。

取引所に口座開設する

FXや証券口座を開設されたことのある方は、簡単に問題なく開設できると思います。

仮想通貨取引所で、口座開設を行うに必要な情報は下記の通りです。

・氏名

・住所

・携帯番号

・メールアドレス(フリーメールでOK)

・身分証明書(運転免許証・パスポート)

・銀行の口座番号 ※日本円で出金する時に使用します。

これらの情報を登録したら、ご自宅に本人確認のハガキが届きますので、ハガキに記載されている認証コードを本人確認欄に入力したら登録完了です。

認証コードを入力する前にハガキを捨ててしまう人がいらっしゃいまうので、必ずこれは覚えておいてください。

仮想通貨でよくある質問まとめ。仮想通貨とは、どのようなものですか?

仮想通貨とは、どのようなものなのですか?

仮想通貨とは、円やドルのように国家が発行したものではなく、国に管理されていない通貨です。電子マネーとは特徴が異なります。代表的なものとして、ビットコイン、イーサリアム、リップルがあり、1,000種類以上の仮想通貨通貨が存在しています。

仮想通貨はデジタルな通貨の一種です。インターネットを通じて不特定多数の人や企業の間で物品やサービスの対価として使用できます。専門の取引所を通じて円やドル、ユーロなどの通貨と交換することもできます。

安全性ですが、仮想通貨は公開鍵暗号、ハッシュ関数などの暗号技術を利用することで安全性を確保しています。行われた取引はブロックという単位にまとめられ、ブロックの連鎖をブロックチェーンと言います。このブロックチェーン技術はほとんどの仮想通貨で用いられており、ブロックチェーン上に保存されているすべての取引データは公開・共有される仕組になっています。

仮想通貨にリスクはありますか?

円やドルのような為替取引と比べると、仮想通貨の流通量は小さく、価格が大きく変動します。大きくマイナスが出るリスクもあれば、逆に大きく利益が出るチャンスもあります。

買って長期で保有する場合、リスクはありますか?

どの仮想通貨を保有しても、リスクはあります。長期でも短期でもあてはまります。例えば、価格下落リスク、取引所の経営破たんリスク、仮想通貨そのものが取引できなくなるリスクなどがあります。

どの取引所が良い?

ユーザーが何を最も重視するかによって「おすすめの取引所」は変わってきます。例えば、各種手数料が安いほうが良いのかどうか、売買が活発な取引所が良いのか、サイトが使いやすい方が良いかなどがあります。取引所は数多くありますので、何を重視しているかを考えて選ぶ様にしましょう。

どの仮想通貨で売買すべき?

仮想通貨は1,000種類ありますが、日本の取引所で取引可能な仮想通貨に絞ると、その種類は20個ぐらいになるでしょう。売買のしやすさ、将来性を期待できるかどうかなどを考えながら決めましょう。

ICOは儲かりますか?

ICOとは、企業等が仮想通貨を使って資金を集める仕組みです。リスクが高いので、ICOの案件を詳細に調べる必要があります。ICO通貨を保有するメリットは、短期間での価格上昇です。わずか1週間で2倍、4倍などの価格が高騰することがよくあります。jbcoin通貨などの新しいICO通貨で、一攫千金を狙ってみるものおすすめです。

二段階認証の方法を教えてください

二段階認証とは、IDとパスワードに加えて、1回限りのパスワードを使用してログインする方法です。二段階認証を使うと、セキュリティがより強くなります。二段階認証の設定方法は、取引所ごとに異なりますので使用方法は、各取引所の説明を見てみてください。