ビットコインに投資するのは今からでも良い?

ビットコインに投資する際、まだ上がるの?って不安になりますよね。

でも、ご安心ください。

まだ値上がり条件が揃ってないけど、これから条件が整ってきそうな、将来性のある仮想通貨はまだまだあります。

時価総額ランキングをみると、ビットコインが飛びぬけて時価総額が高く、2位のイーサリアムにおいでもビットコインの半分以下です。これを見ると後発である仮想通貨(=アルトコイン)はこれから認知されていくと思われます。

中でも、オススメなのが、現在世界ランク8位の「NEM」です。現在の時価総額は1800億円で、これがビットコインと同じ時価総額まで値上がりすれば、70倍以上になります。

NEMは、今後、ブロックチェーン普及の主役となる通貨になるかもしれません。

※仮想通貨投資には、多くのリスクが伴います。まずは正しい知識を身に付けましょう。

仮想通貨取引の手順

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 取引所に日本円を入金
  3. 仮想通貨を購入する

仮想通貨投資を始める流れは上記になります。

仮想通貨を取り扱っているところを販売所、取引所と呼びます。

株でいうところの証券会社のようなものです。ここで口座を開設し、日本円を入金したら仮想通貨を購入できるようになります。

取引所の選び方

取引所は手数料で選ぶ方も多いと思いますが、まず分散投資ができるかどうかが重要です。その中でも、日本一取扱銘柄が多いのが「コインチェック」という販売所です。

コインチェックは時価総額上位10銘柄のほとんどを取り扱っているので、かなり資産を分散のしやすい取引所であると言えます。また、今後将来性のある通貨とそうではない通貨の格差が大きくなっていくと思われます。

より実用性の高い通貨は、これからICOをされていくでしょう。中でも、サニーコイン仮想通貨は、将来性がありそうです。

取引所に口座開設する

FXや証券口座を開設されたことのある方は、簡単に問題なく開設できると思います。

仮想通貨取引所で、口座開設を行うに必要な情報は下記の通りです。

・氏名

・住所

・携帯番号

・メールアドレス(フリーメールでOK)

・身分証明書(運転免許証・パスポート)

・銀行の口座番号 ※日本円で出金する時に使用します。

これらの情報を登録したら、ご自宅に本人確認のハガキが届きますので、ハガキに記載されている認証コードを本人確認欄に入力したら登録完了です。

認証コードを入力する前にハガキを捨ててしまう人がいらっしゃいまうので、必ずこれは覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です